クレンジングバームの
保湿効果を最大限に高める
3つのコツ

URUTAS薬用クレンジングバームのご紹介

  • 「今回はクレンジングバームの効果を最大限に高められる方法をお伝えします。
    いつの間にか、正しいケアから自己流のケアになっていませんか。

    バーム本来の力を発揮する上で重要な3つのポイントをご紹介しますのでチェックしていきましょう。

1.清潔な乾いた手でクレンジングを行う

  • まずクレンジングをする前に、キチンと手を洗います。
    手には見えない雑菌が付着している可能性があり、 肌トラブルを引き起こしてしまう可能性がありますので十分に気をつけましょう。
    クレンジングする際には、必ず「乾いた手」にバームを溶かして顔全体になじませてください。
    バームは水に触れると乳化する特性があります。

乳化してしまうと、クレンジングの効果が半減し、メイク落ちが悪くなってしまいます。
お風呂場など水分が入りやすい場所を避けて保管することも大切です。
ポイントは、肌を温めて毛穴を開いてからクレンジングすると、毛穴に詰まった汚れが取れやすくなります。
時間のない朝は、ホットタオルで肌を温めてからのご使用ををおすすめします!

2.山盛りいっぱいに使う

  • 付属のスパチュラを使って、さくらんぼ粒大からマスカット粒大くらいの量を使いましょう。
    バームを初めて使用する際には、もったいないから少しずつ使いたい!と思う方もいるかもしれません。
    少量でのご使用では、バーム本来の保湿力が最大限に発揮できません。 使用量を増やす事で3つのメリットがあります。

1.

メイク落ちが良くなる。

2.

オイルと美容成分が顔全体に広がり、手のひらと 顔の摩擦が少なくなるため、お肌へのダメージが減る。

3.

美容成分が顔全体にゆきわたるので、より お肌のうるおいを実感できる。

思い切ってたっぷり使う事で、スルリとメイクオフし、
クレンジング後のしっとり肌が実感できます。

3.お肌の全体になじませ、最後に乳化させ洗顔する

  • URUTASクレンジングバームは体温で溶けてオイル化するという特徴があります。
    お肌に乗せてとろとろになったら、オイルマッサージをしましょう。
    毛穴がしっかりと開いて、お肌を柔らかくほぐします。
    最後の仕上げに少量の水を手にとり、バームを乳化させ顔全体を優しく洗顔をしましょう。

バームを洗い流す際にぬるぬる感が残りますが、うるおいの証ですので落としすぎない事がポイントです。
体温より少し低いくらいの水温で、20回〜30回ほど丁寧に洗い流しましょう。
洗い流した後は、清潔なタオルを使用し、肌に軽く触れるようにしながら水分を吸収させ拭き取ります。
ゴシゴシこするのはNGです。肌を傷つけ肌荒れなどを招く原因となります。

URUTAS クレンジングバームの正しい使い方

  • 1.
    顔や手が乾いた状態で、付属のスパチュラを使ってバームを手に取り、鼻・両頬・額・顎・首においてください。
    ※バームはさくらんぼ粒大からマスカット粒大が1回の適量となっています。

  • 2.
    顔の中心から外側に向かって、くるくると円を描くようにバームを顔全体に広げ、メイク汚れとなじませましょう。

  • 3.
    小鼻や目元・口元など、汚れがたまりやすい部分は 指の腹を使ってやさしく、くるくるとマッサージ!

  • 4.
    メイクが浮き上がってきたら、33℃〜34℃のぬるま湯で十分に洗い流してください。 ぬるぬる感がなくなったら洗い上がりのサインです。
    ※すすぎのときに感じる「ぬるぬる感」は美容成分なので 洗い流しすぎないことがポイントです。

  • 5.
    クレンジング後は化粧水や乳液などでお肌を整えましょう。

URUTAS
薬用クレンジングバーム

詳しくはこちら
pagetop