クレンジングでの
洗顔・すすぎには
適温がある?

URUTAS薬用クレンジングバームのご紹介

URUTAS薬用クレンジングバームを使うときに
34℃の「ぬるま湯」をオススメする理由

  • 「ぬるま湯」って正確には何℃なの?
    と思ったことはありませんか。

  • おそらく、多くの方が「感覚的にぬるい」温度で
    すすぐか、シャワーのお湯をそのまま使っていると思います。
    適温を間違えてクレンジング・洗顔を行うと、必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥肌の原因になったり汚れがキレイに落ちず、肌荒れの原因にもなりかねません。
    今回は、クレンジング・洗顔におけるすすぎの、
    肌質に合った「ぬるま湯」の適温をご紹介します。

1. 意外と知らない!
「クレンジング・洗顔・すすぎ」の適温

クレンジング・洗顔において、
すすぎで使う「ぬるま湯」の適温は、
肌質によって若干の違いがあります。

  • お風呂のシャワー温度を40℃前後に設定している方は多いと思いますが、高い水温はお肌にとって必要な皮脂まで落としてしまいます。
    また、お風呂でシャワーをそのまま顔に浴びる方もいらっしゃるかもしれませんが、水圧がお肌への刺激となります。
    温度が低すぎる場合には、メイクが落ちにくくなり、洗い残しによるニキビや肌荒れが起きやすくなります。
    つまり、熱すぎても、冷たすぎてもお肌にとってベストなケアができません。

2.適切な水温でバームのうるおい効果を最大化

URUTAS薬用クレンジングバームは敏感肌に悩む女性に、すすぎのぬるま湯の温度を32℃〜34℃でご使用いただく事を推奨しております。
適温のぬるま湯で洗い流す事で、バーム本来のうるおいを、より実感していただけます。

  • 毛穴の奥までしっかり浸透※1しっかりメイクオフし、すすぎの時に感じる「ぬめっと感」は美容成分がお肌に残っている証です。
    ダブル洗顔不要ですので、クレンジング後の洗顔による洗いすぎを防ぐ事もできます。
    肌荒れを予防する有効成分(グリチルレチン酸ステアリル)も配合されており、 ニキビ・肌荒れ予防にも効果的です。

    ※角質層まで

  • これまで、しっかりとスキンケアをしても大人ニキビが治らなかったのは、肌の乾燥が原因である可能性もあります。
    お風呂場でクレンジングをするのではなく、洗面台にぬるま湯を溜めて行う事で、 水圧によるダメージを軽減し、クレンジングバーム本来の力である最大限のうるおいを残す事ができます。

「 いつも笑顔で自信を持てる女性でありたい 」
URUTAS薬用クレンジングバームは
そんな想いを叶えるために開発されました。
この機会にクレンジングを見直してみませんか。

URUTAS
薬用クレンジングバーム

詳しくはこちら
pagetop